病死があった物件は事故物件?告知義務の有無や売却価格への影響とは

2022-11-22

病死があった物件は事故物件?告知義務の有無や売却価格への影響とは

事件や事故で亡くなった方がいるとき、その物件は事故物件として扱われます。
しかし一般的な病死の場合は、事故物件にならないケースがほとんどです。
そこで、群馬県藤岡市・高崎市を中心とするエリアで病死があった不動産の売却をご検討中の方に向けて、病死があった物件の告知義務と売却価格への影響と注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

病死があった物件は事故物件として告知義務はない

事故物件の告知義務は、国土交通省による「宅地建物取引業者による人の死に関する心理的瑕疵の取り扱いについて」でガイドラインを公表しています。
これによると、病死や老衰などの自然死は当然に予想されるものであるため告知義務はないとされてます。
しかし例外もあるので、売却の際には注意が必要です。
それは孤独死により発見が遅れたケースや、病死のあと発見までに時間が経ちニュースになったケースなどです。
これらのケースは心理的瑕疵にあたるため告知義務が生じます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

病死があった事故物件の売却価格への影響

一般的な病死の場合は、告知義務はないため売却価格への影響はなく、周辺の相場と同等の価格で売却できます。
しかし、病死のあった物件が事故物件として売られるケースでは、その売却価格は相場よりも約50~10%ほど下がるのが一般的です。
売却価格の下げ幅は、以下のように心理的瑕疵の大きさよって異なります。

  • 孤独死が周囲に知れ渡っている:約10~20%ほど下がる
  • テレビなどのメディアで報道された:約20~30%ほど下がる
  • 異臭などの痕跡が部屋に残っている:約30~50%ほど下がる

ただし病死や孤独死による心理的瑕疵の程度は買主次第なので、受け止め方によって金額は上下します。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

病死があった事故物件の売却における注意点

病死があった物件の売却方法と注意点をご紹介します。

清掃やリフォームを済ませて売却

異臭や痕跡が残っている場合は、清掃やリフォームを施してから売却すると良いでしょう。
リフォームする際は、費用が高額にならないよう費用と売却価格のバランスを考慮することが必要です。

期間をあけて売却

病死から期間をあけて売却するのも良いでしょう。
周囲が忘れた頃に売却すると心理的瑕疵も少なくなりますが、その間の維持費や固定資産税が生じるという注意点があります。

買取を利用

早く売りたい場合は買取がおすすめです。
不動産会社が直接買い取るため、買主を見つける期間が不要です。
ただし、買取金額は一般的な相場の約7割ほどになる点に注意しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

病死のあった物件は一般的に事故物件にあたらないため告知義務はありませんが、状況によっては事故物件となることがあります。
また病死が売却価格に影響を与えることはないですが、売却方法に気を配る必要があります。
群馬県藤岡市中心に群馬県高崎市、佐波郡玉村町、児玉郡上里町、児玉郡神川町の周辺エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「ベストハウス」にお任せください。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
AM9:30~PM19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ