医療施設経営として土地活用をする方法とは?施設の種類やメリットをご紹介!

2022-11-15

医療施設経営として土地活用をする方法とは?施設の種類やメリットをご紹介!

さまざまな土地活用の方法があるなかでも、安定した収益が見込める「医療施設」としての活用方法がおすすめです。
税金対策だけでなく、長期的に安定した収益が見込める土地活用の方法を検討してみませんか?
この記事では、医療施設として土地活用をする方法と、施設の種類やメリットをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

医療施設経営として土地活用をする方法

医療施設として土地活用をするには以下の方法があります。

土地だけ貸し出す方法

土地だけを医療施設の経営者に貸し出す方法で、契約期間が終了すると、更地として返還されます。
収入は土地の賃料のみですが、建築費のリスクが抑えられます。

建設費を自己負担する方法

医療施設の建物を建ててから、経営者に貸し出す方法です。
土地と建物の賃料が収入となるため、土地だけを貸し出す方法よりも高い収益が見込めます。
また、建築費をローンにした際の利息や減価償却費は、経費として計上し、所得税が抑えられます。

建設協力金で建設費を補う方法

経営者から預かった建設協力金で施設を建ててから、経営者に貸し出す方法です。
建設協力金は、その後の賃料と相殺します。
土地所有者は建設費の負担が少なくなる上に、活用のために貸し出すことにより固定資産税が節税できます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

医療施設経営として土地活用するメリット・デメリット

医療施設として土地活用するメリット・デメリットを以下にご紹介します。

メリット

高齢者の増加からも、医療施設の開業が地域社会への貢献へと繋がります。
また、需要が高い医療施設だと、長期的で安定した収益が見込めるでしょう。
さらに、固定資産税や税金などの節税対策にもなるのもメリットです。

デメリット

医療施設は、誘致するにあたっても、そもそも医療経営希望者が少ないため、なかなか見つからない場合があります。
医療用施設は特殊建築物なので、建築時や開業時に各種届出を提出する必要があり、手間がかかります。
また、医療経営者が撤退した後は、建物の転用が難しいのもデメリットです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地活用としての医療施設経営の種類

土地活用としての医療施設の種類には主に2つあります。

診療所

ベッド数が19床以下の小規模医療施設を「診療所」と言います。
病院の名前は「〜クリニック」「〜医院」と称されることが多いです。
街中にある小さな土地でも開業が可能なので、土地活用がしやすいでしょう。

病院

ベッド数が20床以上の医療施設は「病院」に分類され、100床以上の医療施設は「総合病院」に分類されます。
各種専門医師が配置されており、診察や治療をおこなう「外来」と、必要に応じて「入院」の役割を担います。
患者が来院しやすいこと、救急車が入りやすいように、利便性が良くて広い土地が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

土地活用としての医療施設の方法は、土地だけ貸し出す方法・建設費を自己負担する方法・建設協力金で施設を建てる方法があります。
医療施設によって地域貢献ができる上に、節税対策や長期的で安定した収益が見込めます。
土地の立地や大きさで、診療所か病院での医療施設での活用を検討しましょう。
私たち「ベストハウス」では、群馬県藤岡市、群馬県高崎市、佐波郡玉村町、児玉郡上里町、児玉郡神川町で土地活用のサポートをおこなっておりますので、土地活用に関してお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
AM9:30~PM19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ