不動産売却時に贈与税がかかるケースとは?贈与税を軽減する方法もある?

2022-10-18

不動産売却時に贈与税がかかるケースとは?贈与税を軽減する方法もある?

不動産売却時に、贈与税が課税されるケースもあります。
贈与税は税率が高く設定されており、課税されると負担が重くなるため注意が必要です。
今回は、不動産売却時に贈与税がかかるケースや、負担を軽減する方法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時にかかる贈与税とは?2種類の課税方法について

贈与とは、無償で譲ることです。
贈与税とは、個人が個人から財産を無償で譲り受けた際に負担する税金です。
譲った側には、贈与税はかかりません。
不動産売却における譲渡とは、一般的には有償で不動産を譲り渡すことです。
贈与と譲渡には、有償か無償かの違いがあります。
贈与税の課税方法には、2種類の課税方法があります。
1年間に110万円の基礎控除が受けられる暦年課税と、一定の要件を満たした個人から推定相続人に生前贈与した場合に、2,500万円までの控除が受けられる相続時精算課税です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に贈与税がかかるのはどんなケース?

不動産を無償で譲渡した場合以外にも、贈与税がかかるケースはあります。
たとえば、相場よりも著しく低い価格で不動産を売却したケースです。
中古物件では、値下げをして不動産売却をおこなうことも珍しくありません。
しかし、親族間取引などで、相場よりも著しく低い価格で不動産を売却した場合は、税務署の判断によって贈与税が課税される可能性があるため、注意しましょう。
また、法人間取引であっても、関連会社間や代表者と会社の取引で相場よりも低い価格で不動産を売却した場合は、贈与とみなされる可能性もあります。
贈与税の課税、または法人税として実質的に贈与税の支払いが発生します。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却において贈与税を軽減する方法とは?

不動産売却において、贈与税の負担を軽減する方法をご紹介します。
不動産売却後に、年間110万円までの基礎控除を利用して、相続人1人あたり毎年110万円ずつ生前贈与する方法があります。
また、相続時精算課税制度を利用して、2,500万円までの控除を受ける方法も有効です。
この制度を利用する場合は、110万円の基礎控除が使えなくなる点と、相続の際に、相続したほかの財産とともに清算されるため、非課税になるわけではない点に注意しましょう。
なお、適正価格で不動産売却をおこなった場合は、贈与税は課税されません。
不動産売却の際は、相場価格を把握しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

通常の不動産売却において、贈与税は課税されません。
親族間で不動産売却をおこなう場合は、不動産の相場価格を把握しておくことが大切です。
群馬県藤岡市中心に周辺エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「ベストハウス」にお任せください。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
AM9:30~PM19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ