不動産売却時の所得税など税金の種類とは?計算方法や控除制度をご紹介

2022-09-13

不動産売却時の所得税など税金の種類とは?計算方法や控除制度をご紹介

不動産売却のときに発生する税金のメインは所得税ですが、その他にもさまざまな種類の税金があります。
具体的にどのくらい税金がかかるのか、節税できる方法はないのか気になっている方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、群馬県藤岡市を中心に周辺エリアで不動産売却をご検討中の方に向けて税金の種類や所得税の計算方法、控除制度についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却のときに発生する所得税といった税金の種類をご紹介

不動産売却のときに利益を得た場合、発生する税金が所得税と住民税です。
不動産売却では「譲渡所得税」という言葉を耳にする機会が多いですが、譲渡所得税は所得税と住民税を合わせた総称です。
複雑ですが、きちんと理解しておきましょう。
所得税と住民税は不動産売却によって利益を得た場合に発生する税金ですが、利益の有無に関係ない税金が、以下の3種類です。

  • 印紙税:売買契約書に課せられる税金
  • 消費税:不動産売買による仲介手数料に課せられる税金
  • 登録免許税:不動産の抵当権抹消に課せられる税

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却をおこなったときの所得税の計算方法とは?

所得税を計算するためには、まず「譲渡所得」を算出する必要があります。
譲渡所得は【譲渡価格-取得費用-譲渡費用】という計算式から求めることができます。
不動産売却の価格から不動産を購入したときと不動産売却にかかった費用を引いた金額が譲渡所得です。
「不動産の売却価格=譲渡所得」ではなく、取得や売却にかかった費用を差し引いた金額になります。
譲渡所得金額が算出できたら、税率を乗じて所得税を求めていきます。
税率は不動産の所有期間によって異なり、5年を越えると20.315%、5年未満だと39.63%と定められています。
2037年までは所得税と住民税に加えて復興所得税が加算されます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却をおこなったときの所得税の控除制度とは?

不動産売却をおこなったときの所得税の計算方法について紹介していきましたが、特別控除を利用して金額を下げることが可能です。
結果的に節税を叶える控除制度にはいくつかあり、代表的なものが「3,000万円特別控除」です。
一定の要件を満たしている場合、譲渡所得から3,000万円差し引かれるという控除制度です。
たとえば、不動産売却によって2,000万円の利益を得た場合、特別控除制度を利用すると譲渡所得が0円となります。
その他の控除制度には、不動産の所有期間が10年を越えていると適用できる「長期譲渡所得の軽減税率」や不動産の買い替えのときに利用できる「特定居住財産の買い換えの特例」などがあります。
控除制度の利用には、それぞれ要件が定められているため、当てはまるかどうかきちんと確認しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却には所得税をはじめ、複数の種類の税金が発生します。
譲渡所得を計算することによって、所得税の金額が算出できます。
控除制度を利用して、節税しながら賢く不動産売却をおこないましょう。
群馬県藤岡市中心に周辺エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「ベストハウス」にお任せください。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
AM9:30~PM19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ