住宅ローンが残っていても不動産売却したい!売却にかかる費用と種類について

2022-09-06

住宅ローンが残っていても不動産売却したい!売却にかかる費用と種類について

さまざまな事情で不動産を手放さなければならないとき、気になるのが支払いが終わっていない住宅ローンはどうなるのかということではないでしょうか?
一般的に不動産の住宅ローンの残債は、売却で得たお金で返済することも多く、住宅ローンが残ったままでも不動産の売却をおこなうことは可能です。
しかし、不動産の売却をおこなうには、さまざまな費用もかかります。
ここでは、不動産の売却で気になる住宅ローンの返済方法と売却にかかる費用、またその種類について解説していきたいと思います。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却は住宅ローンの費用が残っていてもできる?

住宅ローンの残債があっても不動産の売却はできますが、売却益や資金で住宅ローンが完済しなければ、抵当権を抹消して引き渡すことができません。
そのため、不動産の売却を検討している方は、不動産がどれぐらいで売却できるのか、住宅ローンの残債がどれぐらいなのかを知る必要があります。
売却価格と住宅ローンの残債額を確認しておくことで、住宅ローンの残債額が売却価格を上回るオーバーローンとならないか確認することができます。
また、オーバーローンとなる場合、次のような売却方法があります。

  • 住みながら売却をおこなう
  • 新たに不動産を購入する場合、売り先行でおこなう
  • 不動産売却後も住み続けられるリースバックを利用する

不動産売却で得る収益以外に資金がない場合は、リースバックを検討してみると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却にかかる費用と種類とは?

不動産売却をおこなうには、住宅ローンの残債以外にも売却にかかる費用が発生します。
売却にかかる費用には次のような種類があります。

  • 仲介手数料
  • 住宅ローンの抵当権抹消費用
  • 印紙税
  • 譲渡所得税

この他にも、土地境界確定測量費用や古家の解体費用や住民税など、売却をおこなう不動産の状態に応じて費用がかかってきます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で売却費用の大きな割合を占める仲介手数料とは?

不動産売却にかかる費用で、大きな割合を占めるのが仲介手数料です。
仲介手数料とは、売却活動に対して不動産会社に支払う成功報酬です。
複数の不動産会社に売却を依頼していたとしても、支払うのは売却を成約させた会社のみです。
また、仲介手数料には法律で決められた、売却価格に応じた上限があり通常の仲介業務で発生する費用に限られます。
遠方の不動産の査定や、大掛かりな広告などを出す売却活動をおこなった場合は別途請求される場合があるので注意が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産の売却は、住宅ローンの残債があっても可能です。
しかし、オーバーローンとなった場合は二重ローンになるリスクを避ける必要があります。
また、不動産売却で発生する費用も出ていくお金として、計算しておかなければなりません。
群馬県藤岡市中心に周辺エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「ベストハウス」にお任せください。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
AM9:30~PM19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ