仲介手数料は譲渡費用に含まれる?不動産売却前に知っておきたい譲渡所得税

2022-08-23

仲介手数料は譲渡費用に含まれる?不動産売却前に知っておきたい譲渡所得税

不動産売却により得た譲渡所得(利益)に対して譲渡所得税が課税されますが、譲渡所得の算出には、その不動産の取得にかかった費用(取得費)と、売却にかかった費用(譲渡費用)を知る必要があります。
そこで今回は、譲渡費用と譲渡所得の計算方法について解説します。
不動産売却の前に、譲渡費用にはどのような費用が含まれるのかを把握し、ケース別シミュレーションで理解を深めておきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における譲渡費用に仲介手数料は含まれる?

譲渡所得は「不動産売却価格-(取得費+譲渡費用)」で算出するため、譲渡費用は譲渡所得税の金額に大きく関わってきます。

譲渡費用とは

譲渡費用とは不動産の売却に直接かかった費用のことです。

仲介手数料は譲渡所得に含まれる

不動産売買の成功報酬として不動産会社へ支払われる仲介手数料は、譲渡所得に含まれます。
このほか譲渡費用には印紙代や測量費用、建物の取り壊し費用など売却のために直接かかった費用が含まれます。

仲介手数料の目安

譲渡費用において大きな額となる仲介手数料の目安となるのが、法律により定められている次の上限額です。

  • 取引額200万円以下の部分…取引額の5%
  • 取引額200万円を超え400万円以下の部分…取引額の4%
  • 取引額400万円を超える部分…取引額の3%

なお仲介手数料は、売却時に支払ったものは譲渡費用に、取得時に支払ったものは取得費に含まれるため、仲介手数料は譲渡所得税の金額を大きく左右するといえるでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の仲介手数料が大きく関わる譲渡所得税の計算方法

譲渡所得税は次のように算出します。

譲渡所得税の計算方法

譲渡所得税=譲渡所得×所有期間に応じて異なる税率

譲渡所得税の税率

  • 所有期間5年以下…39%(所得税30%+住民税9%)
  • 所有期間5年超…20%(所得税15%+住民税5%)

また、所有期間が10年を超えるマイホームを売却した場合、軽減税率の特例を適用できます。
マイホームの売却に利用できる3,000万円特別控除との併用もできるので、不動産売却時には適用可能かどうかを必ず確認しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却にかかる譲渡所得税のケース別シミュレーション

2つのケース別シミュレーションで、譲渡所得税の理解を深めておきましょう。

ケース①自分で購入した一戸建ての売却

  • 売却価格3,000万円
  • 取得費2,000万円
  • 譲渡費用200万円
  • 特別控除3,000万円適用

このケースでは譲渡所得が「3,000万円-(2,000万円+200万円)-3,000万円」で、計算すると譲渡所得は発生しないので譲渡所得税は課税されません。

ケース②自分で購入したマンションの売却

  • 売却価格2,000万円
  • 取得費1,000万円
  • 譲渡費用200万円
  • 特別控除適用なし

このケースで計算すると「2,000万円-(1,000万円+200万円)」となり、譲渡所得は800万円です。
所有期間5年以下なら312万円、5年を超えていれば160万円の譲渡所得税が課税されます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

仲介手数料は譲渡費用に含まれます。
譲渡所得税の節税につながるため、譲渡費用はもれなく計上しましょう。
群馬県藤岡市中心に周辺エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「ベストハウス」にお任せください。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
AM9:30~PM19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ