不動産売却時にかかる税金とは?譲渡所得税の計算方法や控除制度をご紹介

2022-08-16

不動産売却時にかかる税金とは?譲渡所得税の計算方法や控除制度をご紹介

不動産売却をした際には、所得税をはじめ多くの税金が発生します。
しかし、利用できる控除も多いため、事前に把握しておくことで節税対策をおこなうことが可能です。
そこで、不動産売却をご検討中の方に、売却時にかかる税金の種類や計算方法、また控除制度についてご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時にかかる所得税とその他の税金

不動産売却時には、下記のような税金が発生します。

譲渡所得税

不動産売却時に利益が出れば、その利益に対してかかる税金です。
正式には譲渡所得税という税金はなく、所得税・住民税・復興特別所得税を総称して呼びます。

その他の税金

その他にかかる税金としては以下のようなものがあります。
印紙税
不動産の売買契約書にかかる税金を収入印紙で間接的に納めます。
登録免許税
不動産の名義変更にかかる税金です。
消費税
消費税は、仲介手数料の際にかかる税金です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時にかかる譲渡所得税の計算方法

不動産売却時にかかる譲渡所得税は下記の計算式で求めることができます。
譲渡所得税=譲渡所得×税率
税率は、不動産の所有期間によって異なり、5年以内であれば39.63%、5年超えであれば20.315%となります。
譲渡所得とは、譲渡金額から購入時にかかった費用と売却にかかった費用を差し引いて求めることができ、下記の計算式を用います。
譲渡所得=譲渡金額-(取得費用+譲渡費用)
取得費用は、購入時の金額と購入時のかかった費用(仲介手数料など)です。
譲渡費用は、売却時にかかった費用(仲介手数料や解体費など)です。
これらを差し引いて譲渡所得を求めることができます。
この譲渡所得に税率を掛けて譲渡所得税を算出します。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時にかかる譲渡所得税に利用できる控除制度

譲渡所得税に利用できる控除を3つご紹介します。

3,000万円の特別控除

一定の要件を満たすことで、最大3,000万円を譲渡所得から控除することができます。
そのため、譲渡所得を大幅に減らすことができるため、節税効果が高いのが特徴です。

長期譲渡所得の軽減税率

譲渡所得に対してかかる税率は、上記でもご説明したように5年を境に大きく税率が下がります。
また、所有期間が10年を超えている場合は、さらに税率がさがり14.21%になります。
このように軽減税率を利用することで、税金を抑えることが可能です。

買換えの特例

家を買換えるために、今の家を売却する場合に利用できる制度です。
新居の広さが50平米以上であることや、前の家の所有期間が10年以上であることなど条件があります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却時にかかる譲渡所得税の計算方法や、控除制度をおもにご紹介してきました。
不動産売却時には税金が多くかかるため、負担が大きくなります。
控除制度をうまく利用して節税対策をおこないましょう。
群馬県藤岡市中心に周辺エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「ベストハウス」にお任せください。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
AM9:30~PM19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ