家を売却する際の解体工事に受けられる補助金をご紹介

2022-07-05

家を売却する際の解体工事に受けられる補助金をご紹介

家の築年数が経っていると、そのままでは売却できないと思われるかもしれません。
家の解体費用を懸念する方もおられると思いますが、自治体によって補助金が受けられることをご存じですか。

\お気軽にご相談ください!/

家を売却する際の解体費用には補助金が受けられる!

結論から述べると、家を売却する際にかかる解体工事は補助金が受けられます。
内容は自治体によって異なりますが、一定の金額をサポートしてもらえればありがたいですよね。
自治体が補助金を支給する目的は、以下のようなものが一例です。

  • 地域の景観を保つため
  • 治安を守るため

築年数が経っている家は、見栄えが良くないことで周辺へ悪影響を及ぼす可能性があります。
また、災害が起きた際に倒壊が起こると、近隣へも危険を及ぼすので注意が必要です。
さらに、古い家を狙う放火などの犯罪に巻き込まれることも考えられます。
このようなリスクを防ぐために、自治体で解体工事の補助金を適用させて積極的に古い家の解体を勧めているのです。
解体して空き地にすることで、売却しやすくなると考えられますよね。
なお、補助金を受けるためには下記のような条件があります。

  • 空き家であること
  • 自治体で定められている築年数に適していること
  • 税金を滞納していないこと

大前提として、空き家であることが条件です。
また、築年数は昭和50年代後半に設定している自治体が多く見られます。
この他、税金を支払っていることも大切なので、未払いがないようにしましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

家を売却する際に解体工事の補助金を受ける注意点

家を売却するための解体工事には補助金が受けられますが、注意点があります。
具体的には下記のとおりです。

  • 過去の補助金制度を参考にはしない
  • 工事の着手前に申請する
  • 審査に時間がかかる
  • 工事終了後まで補助金を受け取れない

まず、補助金制度は基本的に年度で一区切りとなるので、事前に自治体窓口での確認が必要です。
その際は、補助金制度の有無や費用を聞いておくことをおすすめします。
続いて、補助金の申請は、家を解体する工事の前におこなうことが基本です。
申請を忘れてしまうと、解体費用を全て自分で負担しなければならない点に気を付けましょう。
さらに、補助金を受けるには審査が必要で、結果が出るまでに1か月ほど時間がかかります。
また、補助金を受け取れるのは工事終了後なので、それまでの生活に困らない程度のお金を用意しておくことが必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

家の解体費用に補助金を受けられることを知るだけでも、思い切って売却できるようになることがあるでしょう。
まずは自治体へ相談して、補助金が受けられるのかを確認しましょう。
群馬県藤岡市を中心に周辺エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「ベストハウス」にお任せください。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
AM9:30~PM19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ