不動産売却における確定申告とは?必要書類や申告期間について解説!

2022-06-21

不動産売却における確定申告とは?必要書類や申告期間について解説!

不動産売却をすると、確定申告が必要になる場合があります。
確定申告の方法が分からないという方も少なくありません。
この記事では、群馬県藤岡市を中心に周辺エリアで不動産売却を検討中の方に向けて、不動産売却における確定申告について、必要書類や申告期間を解説いたします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における確定申告とは?

確定申告とは、1月1日から12月31日までの間に生じた所得の合計金額を税務署に申告し、納税することです。
不動産売却をして売却益が発生した場合、売却益に対して譲渡所得税と呼ばれる税金がかかります。
この譲渡所得税を納税するために、確定申告をする必要があるのです。
不動産売却で損失が発生したときは、原則として確定申告をする必要はありません。
しかし、確定申告をすると、そのほかの所得と相殺して所得税を減らすことができるため、要件を満たす方は、確定申告をしたほうが良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却後に確定申告をおこなう際の必要書類とは?

不動産売却の確定申告をおこなう際の必要書類は、税務署からもらうものと自分で準備するものがあります。
まず、税務署からもらう書類は、確定申告書B様式、分離課税用の申告書、譲渡所得の内訳書です。
これらの書類は、国税庁のホームページからもダウンロードができ、書き方についても確認することができます。
自分で準備する書類は、売却した不動産の登記事項証明書、不動産購入時と売却時の売買契約書のコピー、仲介手数料などの領収書です。
登記事項証明書の請求は、オンラインでの手続きが手数料も安く便利です。
売買契約書と領収書は、不動産取引にかかった費用の証明として使用されます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における確定申告の申告期間や必要な時間とは?

不動産を売却して引き渡しをした年の翌年2月16日から3月15日までに確定申告をおこなう必要があります。
申告先は居住地を管轄する税務署です。
たとえば、2022年1月に売買契約を締結して2月に引き渡しをした場合、2023年2月16日~3月15日までに確定申告することになります。
確定申告の時期を忘れないように注意が必要です。
確定申告の方法は、所定の申告書に必要事項を記入し、添付書類とともに税務署の窓口へ提出します。
窓口での手続きのほかに、郵送や電子申告・納税システム(e-tax)による申告も可能です。
申告期間が1か月しかなく、締切間際は税務署の窓口が混雑するため、時間に余裕をもって準備を進めて、郵送やe-taxを活用すると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却をして売却益が発生した場合は、確定申告をする必要があります。
確定申告の期間は1か月しかないため、早めの準備と時間に余裕をもっておこなうことが大切です。
群馬県藤岡市中心に周辺エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「ベストハウス」にお任せください。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
AM9:30~PM19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ