終活に向けて相続させる空き家の管理方法と対策・デメリットについて解説!

2022-05-24

終活に向けて相続させる空き家の管理方法と対策・デメリットについて解説!

この記事のハイライト
●相続させる空き家の管理は距離や通えるかどうかで「自己管理」と「管理会社に依頼」で管理する
●空き家を放置することによってコストや責任面におけるデメリットが大きい
●空き家対策としての不動産会社による買取はコストとリスクを最小限にすることができる

終活に向けて資産の整理をするときに、相続させる不動産の中に空き家となっており放置してしまっている不動産はありませんか。
空き家が遠方にあったり、使用用途が見つからずに、空き家となっている不動産がある場合、そのままにしておくとさまざまなデメリットがあります。
また、日本では空き家の数が年々増加しており、全国的にも問題となっております。
そこで今回は、放置してしまっている空き家の管理方法とその対策、また空き家にしておくと起こるデメリットについて解説していきます。
群馬県藤岡市、高崎市、佐波郡玉村町、児玉郡上里町、児玉郡神川町にて、終活に向けて不動産をどうするか悩んでいる方はぜひ最後までご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

相続させる空き家の終活に向けた管理方法とは

相続させる空き家の終活に向けた管理方法とは

「用途が見つからない」や「遠方にあるから全く行っていない」などの理由で所有している不動産が空き家となってしまった場合、管理も何もせずに放置してしまうと通常の経年劣化よりも早く老朽化してしまいます。
そのため、終活に向けて不動産をしっかり管理する必要があります。
ここでは管理の方法についてご紹介します。

空き家の管理方法

換気をする
家は、人の出入りがあるとその都度空気が入れ替わります。
しかし、空き家となり人の出入りも無くなってしまうと空気が入れ替わるタイミングがありません。
その場合、家のなかに湿気を含んだ空気が溜まってしまいます。
家の劣化の大きな原因となるのは湿気です。
湿気によって、木材がカビや腐食を起こし、鉄は錆びてしまいます。
このように家の内側から劣化が進んでしまいますので、定期的に空き家に出向き換気をおこなうようにしましょう。
対角にある窓を2つとも開けると空気の流れが良くなりますので、この状態で換気をすると良いです。
通水をする
通水も定期的におこなうと排水管からくる下水の匂いや排水管の錆を防ぐことができます。
普段使用していると、排水管の下に水が溜まりその水が下水からくる匂いを遮断してくれています。
また、水が溜まることで乾燥して錆びる原因も防いでいます。
しかし、空き家を放置してしまうと排水管の水が乾いて無くなってしまい、下水からの匂いや排水管の錆を加速させてしまいます。
最低でも月に1回は1分以上水を流すようにしましょう。
雨漏りの確認
頻繁に行くことができない場合、直接確認するのは難しいですが、雨漏りの有無も管理のなかでしっかりと確認しておきたいポイントです。
直接確認するのが難しい場合は、床の色や壁の色、天井の色に変化がないか確認しておきましょう。
雨漏りをすると水と一緒に湿気も溜まり、腐敗と老朽化の原因となります。
またカビの匂いがしたときにも雨漏りを疑いしっかりと確認するようにしましょう。

管理する手段

空き家を管理する方法について2つのパターンをご紹介します。
自己管理
空き家の管理方法にてご紹介した各内容やその他の管理方法を自分でおこなうのが自己管理です。
自分でおこなうことで、費用を抑えて管理することができます。
換気や通水などを1か月~2か月に1度以上おこなうことで、空き家の劣化を遅らせることができます。
通える範囲にある空き家であれば、自己管理がおすすめですが、遠方にある空き家の場合は通うのが難しいでしょう。
その場合には、次の方法がおすすめです。
管理会社に依頼する
遠方にある空き家や定期的に通う時間が取れない方は、管理会社に管理を依頼する方法が向いています。
管理費こそかかってしまいますが、確実に管理することができます。

この記事も読まれています|相続した不動産を売却する流れや注意点は?遺産分割協議も解説

\お気軽にご相談ください!/

終活に向けて相続物件を空き家のまま放置するデメリットとは

終活に向けて相続物件を空き家のまま放置するデメリットとは

空き家はしっかり管理をしないと、デメリットとしてさまざまなリスクを背負うことになります。
どのようなデメリットがあるのか事前に把握しておき、しっかりと管理をするようにしていきましょう。

責任を問われるリスク

建物が老朽化すると倒壊や台風などのときに屋根や壁が飛んでいき、近隣の方や家に危害を与えてしまう可能性があります。
また、空き家と分かることで放火に合う可能性や不審火が起きてしまう可能性も高くなります。
他人に危害を与えないようにしっかりとした管理が必要です。

価値の下落リスク

建物は老朽化によって価値が下がっていきます。
空き家として放置すると、建物の老朽化が進み、損傷も増えてくるため一般的な家に比べて価値が下がることが多くあります。

「特定空家」の認定

空き家として放置された状態が続くと、景観を壊したり倒壊等によって周囲に危害を生じる恐れがあることから、「特定空家」に認定される可能性があります。
「特定空家」に認定されてしまうと、建物が建っている状態での固定資産税の軽減が受けられず、年間の固定資産税の金額が大きく上がってしまいます。
また、強制的に取り壊すことが認められてしまうため、放置しすぎてしまうと勝手に取り壊しが始まる上に、取り壊し費用も請求されます。
こうなってしまうとかなり負担が大きくなってしまいます。
空き家を放置することによって、多くのデメリットがありますので、管理はしっかりとするようにしていきましょう。

この記事も読まれています|相続した不動産を売却する流れや注意点は?遺産分割協議も解説

\お気軽にご相談ください!/

終活に向けて相続させる不動産を空き家状態にしないための対策

終活に向けて相続させる不動産を空き家状態にしないための対策

空き家を放置することでさまざまなデメリットがあることが分かりました。
空き家は終活に向けて放置しないことが最善ですので、空き家状態にしないための対策をご紹介します。

空き家を解体する

空き家として放置することによって、倒壊など周囲に危害を加えてしまう可能性が高いです。
建物があれば固定資産税は軽減されますが、「特定空家」に認定されてしまうとその軽減も受けられません。
リスクを最小限に抑えるためにも、「特定空家」とならないために放置してしまいそうな際は、解体することも一つの対策です。
解体することで、建物の換気や通水など管理のために通う必要もなくなります。

買取を検討する

解体はリスクを最小限にすることができますが、解体費用がかかってしまいます。
30坪程度の木造住宅であれば100万円程度の解体費用となります。
しかし、不動産会社への買取であれば解体費用もかからず売却することができます。
管理をする手間や解体費用もかけずに売却できますので、まずは査定から不動産会社に依頼して検討してみると良いでしょう。
不動産会社は買取後に手を加えたりして再販するため、市場価格よりも安くなってしまいますが、デメリットとなる部分を解消できます。

この記事も読まれています|相続した不動産を売却する流れや注意点は?遺産分割協議も解説

まとめ

相続させる空き家は終活に向けてしっかりとした整理が必要です。
しかし、管理するには移動が大変であったりコストがかかったりします。
空き家を放置することで責任におけるリスクも生じますので、リスクやコストを最小限に抑える点でも不動産会社による買取はおすすめです。
ベストハウスは、群馬県藤岡市、高崎市、佐波郡玉村町、児玉郡上里町、児玉郡神川町にて不動産売却や買取をおこなっておりますので、まずは査定からでもお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
午前9:30~午後19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ