群馬県藤岡市のハザードマップと不動産売却への影響とは?

2022-05-24

群馬県藤岡市のハザードマップと不動産売却への影響とは?

2020年8月より不動産売買における重要事項説明にてハザードマップの説明が義務化されました。
これによる不動産売却への影響はあるのでしょうか。
群馬県藤岡市のハザードマップと不動産売却への影響について解説していきます。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に説明が義務化された藤岡市のハザードマップ

ハザードマップとは、洪水や地震などの自然災害の被害を軽減するために、被害想定区域を示した地図です。
市町村や県が作成しています。
国土地理院のホームページでも「重ねるハザードマップ」にて確認できます。
2020年8月から不動産売却時に、ハザードマップで売却する不動産の位置を説明することが義務化されました。
次に、藤岡市で作成されているハザードマップは下記のとおりです。

  • 洪水ハザードマップ
  • 内水ハザードマップ
  • 土砂災害ハザードマップ
  • ため池ハザードマップ
  • 震度分布図

1000年に1回程度の大雨時における河川の氾濫による浸水被害想定区域を示しているのが「洪水」で、側溝や水路から溢れた水による浸水被害区域を示しているのが「内水」です。
土砂災害も同様のケースにおける土砂災害想定区域を示しています。
また、藤岡市では各ため池の位置も地図にしています。
震度分布図では「関東平野北西縁断層帯主部による地震(M8.1)」時における震度を示しています。
各種ハザードマップは藤岡市のホームページにて確認が可能です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

藤岡市におけるハザードマップの不動産売却への影響

不動産売却時にハザードマップを説明することが義務化されたことで、不動産売却金額へ影響はあるのでしょうか。
結論としては、ほとんど影響はありません。
理由としては、ハザードマップの説明が義務化されたのは近年ですが、もともとハザードマップの影響が考慮されて評価されているからです。
従来よりハザードマップ自体は作成されていて、不動産売却時には影響が考慮されていました。
したがって、ハザードマップ説明の義務化が不動産売却金額に大きな影響を与えることはありません。
実際に2020年の不動産取引価格(土地のみ)はむしろ2019年より上昇しています。
2021年は新型コロナウィルスの影響にてどのエリアでも下落する傾向であり、やはりハザードマップ義務化の影響はないと言えるかと思います。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却時にはハザードマップについて説明することが義務化されました。
藤岡市においても洪水や内水、土砂災害などの各種ハザードマップがあり、売却する不動産がハザードマップの想定区域かどうかを説明することが求められます。
しかし、もともとハザードマップを考慮した不動産売却金額が想定されているため、義務化が影響することはあまり考えられません。
不動産売却について、ご不明な点がございましたら「ベストハウス」までお気軽にご相談ください。
群馬県藤岡市中心に周辺エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「ベストハウス」にお任せください。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
午前9:30~午後19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ