不動産の任意売却とは?メリットや売却までの流れについて解説

2022-04-05

不動産の任意売却とは?メリットや売却までの流れについて解説

この記事では「任意売却」について、どのようなものなのかメリット・デメリットや流れとともに解説していきます。
任意売却によってローン支払い問題の解決を考えている方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の任意売却とは

住宅ローンを組んでいる場合、完済しなければその不動産を売却することはできません。
不動産売却時に、住宅ローンの残高よりも不動産の売却価格が高いアンダーローンの状態であれば問題はありません。
しかし、住宅ローンの残高が不動産の売却価格よりも高いオーバーローン状態の場合には、自己資金などで足りない分を補填しない限り一般的な方法で売却することができません。
任意売却とは、そのようにローンの一括返済が難しい場合に使える選択肢の1つです。
家の売却額のすべてをローン返済に充てるなどの条件のもと、債権者である金融機関から特別に許可をもらった状態で家を売却することを任意売却と言います。
ローンを完済するために家を売りたいけど、売却益だけではローンを完済できないため家を売れないと言った状況に使える売却方法です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を任意売却で売却するメリット・デメリット

メリット

●一般の仲介での売却とほぼ近い価格での売却が可能
ローンの返済が難しくなりローンを滞納してしまうと、最終的には競売にかけられ、法的な手続きのもと強制的に売却されてしまいます。
その場合、市場価格の7割程度で売却されることが多いです。
任意売却は、通常の仲介での取引と同じ方法でおこなわれるため、一般的な相場とほぼ変わらない価格での売却が可能です。
●無理のない範囲で残債を分割返済できる
売却後も残ってしまったローンの残債は分割で返済していく必要があります。
その際に債権者が現在の収入・生活状況などを考慮し返済方法を提案してくれます。
●引っ越し日や引っ越し費用について
債権者との交渉次第で、引っ越し日の相談や、売却代金から引っ越し費用を融通してもらえる可能性もあります。

デメリット

●信用情報に傷がつく
任意売却には、ローンを数か月にわたり滞納していることが条件となります。
ローンを滞納してしまうと個人信用情報に傷がつくことは避けられません。
●売却金額は残らない
任意売却で得た利益はローン返済に回るため、手元に残りません。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を任意売却で売却する際の流れ

●相談する
任意売却をおこなうにあたって、不動産会社と相談をしプランを練っていきます。
●査定で現状把握
不動産会社に査定を依頼し現状を把握、そして債権者と売却価格について協議がおこなわれます。
●売却活動
一般の仲介での売却活動と同じように、インターネット広告などで物件情報を掲載し、購入希望者が見つかった際には内覧をおこなっていきます。
●売買契約・引き渡し
買主が見つかると売買契約を締結し、その後売買代金を清算、物件の引き渡しという流れになります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は任意売却についてご紹介しました。
任意売却には、通常の売却以上に手続きや準備が必要なため、余裕を持って進めていきましょう。
群馬県藤岡市中心に周辺エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「ベストハウス」にお任せください。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
午前9:30~午後19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ