遠方の不動産を売却する方法は?その流れと注意点も解説

2022-02-22

遠方の不動産を売却する方法は?その流れと注意点も解説

この記事のハイライト
●現地に行く手間を少なくしながら、遠方の不動産を売却することは可能
●遠方の不動産売却では、現地の事情に精通した信頼できる不動産会社に依頼することが重要
●売買契約、決済、引き渡し時などは現地に行くことが基本だが、難しいときには委任状で代理人を立てることもできる

相続などの事情により手に入れた、遠方の不動産売却についてのお悩みをお持ちではありませんか。
現地への移動には時間と手間、費用もかかるため、なるべく現地に行く回数を減らしながら、より良い条件で不動産を売却するのが理想ですよね。
この記事では遠方の不動産を売却する方法とその流れ、また、覚えておきたい注意点についてご紹介いたします。
群馬県藤岡市や、高崎市、佐波郡玉村町、児玉郡上里町、児玉郡神川町の不動産をお持ちの方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

遠方の不動産を売却する方法

遠方の不動産を売却する方法

通常であれば、不動産を売却する際には何度も現地や不動産会社に足を運ぶ必要があります。
しかし遠方の不動産を売却する場合、頻繁に現地に行くことは現実的ではありません。
ここでは、遠方の不動産を売却するための3つの方法をご紹介します。

持ち回り契約をする

持ち回り契約とは、売主、買主、不動産会社の3者間で契約書などを郵送しながら署名捺印を集め、売買契約を成立させる方法です。
現地に行かずに契約が結べるため、遠方の不動産を売却する方によく利用される契約方法です。
ただし、直接顔を合わせて短期間でおこなう通常の契約よりも、買主の気持ちが変わりやすく、買主と売主の間で認識にずれが生じることもあります。
持ち回り契約では、不動産会社が中心となり売主と買主の間を取り持つことになるため、不動産会社が適切な対応をできるかどうかが重要となります。

親戚や知人に代理契約を依頼する

もし現地の近くに信頼できる親戚や知人がいる場合、その方に代理で売買契約書の署名や捺印を依頼することができます。
代理を依頼するには委任状が必要です。
委任状には、代理人や不動産の詳細情報を記載し、依頼する方(売主)の署名と実印での押印をしたうえで、印鑑証明の添付も求められます。
なお、代理人がおこなった契約で問題が起きたときには、依頼した売主が責任を負わなければなりません。
信頼できる代理人を選出することが大切ですね。

司法書士に依頼する

専門家である司法書士に依頼して代理で手続きしてもらう方法もあります。
司法書士に依頼すると、親戚や知人に依頼したときと違い、移転登記のときの本人確認が不要となり手間が省けます。
ただし、司法書士報酬の支払いが必要となります。

こちらの記事も読まれています|相続した不動産を売却する流れや注意点は?遺産分割協議も解説

\お気軽にご相談ください!/

遠方の不動産を売却するときの流れ

遠方の不動産を売却するときの流れ

遠方の不動産を売却する流れは、近隣の不動産を売却するときと大きくは違いません。
ただ、遠方ならではのポイントなどを交えてご説明します。

不動産会社に査定をしてもらう

まずは不動産会社探しから始めましょう。
遠方では自分が関われないことが多く、不動産会社に任せる割合が通常よりも多くなります。
そのため、地元の不動産事情に精通している、信頼できる不動産会社を選ぶことが重要です。

不動産会社と媒介契約を結ぶ

この不動産会社は信頼できる、という会社が見つかれば、その会社と媒介契約を結びます。
媒介契約は、現地に行かなくても郵送で問題なく完了できますよ。
売却活動の内容なども一緒に聞いておくと良いでしょう。

売却活動をおこなう

依頼した不動産会社が売却活動をおこないます。
ここで重要となるのが、「営業活動報告書」です。
営業活動報告書では、不動産会社がどのような販売活動をして、どれほどの反響があるかなどが記載されています。
お持ちの不動産が現在どのような状況にあるかを判断できます。

売買契約を結ぶ

買主が見つかったら、売買契約を結ぶことになります。
売主ご本人が現地で契約を結ぶのが理想的ですが、難しい場合は不動産会社から不動産売買契約書を郵送してもらうことも可能です。
売買契約書には大切なことが多く書かれていますが、専門用語が多く、難解な内容です。
電話などを利用して、納得のいくまで不動産会社から説明を受けたうえで、署名、捺印しましょう。

決済・物件引き渡しに立ち会う

売買契約が締結されたら、最後は決済と物件の引き渡しです。
決済のときにも、売主本人が立ち会うことが基本です。
しかしどうしても立ち会えない場合は、代理人か司法書士に出席してもらうこともできます。

こちらの記事も読まれています|相続した不動産を売却する流れや注意点は?遺産分割協議も解説

\お気軽にご相談ください!/

遠方の不動産を売却するうえでの注意点

遠方の不動産を売却するうえでの注意点

近隣の不動産を売却する場合と違い、遠方だからこそ意識するべき注意点をご説明いたします。

基本的に3回現地に行くタイミングがある

遠方の不動産のところに行くのは大変ですが、可能であれば3回、現地に行ったほうが良いタイミングがあります。
最初は不動産会社を選定など、売却の準備をするときです。
室内の点検や掃除をして現地を確認すると同時に、不動産会社の訪問査定に立ち会い、直接担当者と会っておくと安心ですよね。
次に現地に行くタイミングは、売買契約締結のときです。
売主本人と買主が対面するのが基本とされています。
ただし、売買契約締結をいつにするかは買主のスケジュールに左右されるため、予定を合わせるのが大変かもしれません。
最後に、決済と引き渡しのときに売主本人の立ち会いをします。
不動産会社の事務所などに集まり、買主からの入金を確認します。
引き渡し関連書類に署名、捺印し、鍵の引き渡しをして終了です。
しかし、これらのタイミングで立ち会えないときは、代理人や司法書士に依頼することで現地に行かずに契約を完了させることもできます。
ただし、売主本人が現地にいないと、契約日当日に急な交渉をすることになった場合に時間がかかるなどのリスクもあります。

不動産会社とは専任媒介契約を結ぶ

不動産会社との媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類あります。
一般媒介契約では複数の会社と契約することが可能ですが、売却活動報告の義務がないため、販売状況について把握しにくい点があります。
対して、専任媒介契約であれば売却活動報告が義務となっているため、遠方にいても販売状況などを把握できます。
なお、専属専任媒介契約では、もし自分が買主を見つけたとしても必ず不動産会社をとおす決まりになっているため、専任媒介契約にしておいたほうが無難です。

計画的に売却を進める

遠方の不動産売却では、通常の売却よりも時間がかかることが多いです。
不動産の書類をそろえる際にも、現地の役所や法務局に依頼しておこなうため、調査や確認に期間を要します。
書類のやり取りも郵送が多いため、時間と手間がかかるでしょう。
また、現地に行く場合は移動時間と手間、費用も計算に入れる必要があります。
遠方の不動産を売却する場合は、時間やスケジュールに余裕を持って、計画的に進めていくことが大切です。

こちらの記事も読まれています|相続した不動産を売却する流れや注意点は?遺産分割協議も解説

まとめ

遠方の不動産を売却する方法や、売却する際の流れ、注意点をまとめてご説明しました。
遠方の不動産売却を成功させるためには、不動産会社選びが鍵となります。
群馬県藤岡市、高崎市、佐波郡玉村町、児玉郡上里町、児玉郡神川町の不動産なら、地元に強いベストハウスにお任せください。
お客様に合わせた最適なご提案をさせていただきます。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
午前9:30~午後19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ