住みながらでも不動産を売却することができます!メリットや注意点について解説!

2022-02-21

住みながらでも不動産を売却することができます!メリットや注意点について解説!

今の不動産に住みながら売却をすることはできるのだろうか?そんな疑問を持ったことがあるかもしれません。
結論から申し上げると、住みながらでも不動産を売却することは可能です。
今回は群馬県藤岡市周辺にお住まいの方に向けて、住みながら不動産売却する方法とメリットや注意点について解説いたします。

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産を売却する方法

住み替えをおこなう多くの方は住みながら売却活動をしています。
ただし、家具や家電などがあると部屋が狭く感じることもあるため、注意が必要です。

住みながら不動産を売却するには2つのコツがあります。

その1:売却する物件の印象を良くする
内覧時の物件の第一印象が悪いと、購入に至りにくいといわれています。
洗濯物が散乱しているなどあまりに整理整頓ができていないとそれだけで物件自体の印象が悪くなってしまいます。
いつ内覧希望者が来ても対応できるように、日ごろから整理整頓や水回りの掃除を入念におこなっておくと良いでしょう。
その2:多くの方に内覧してもらう
一般的に購入検討者は複数の不動産を見学し比較検討するため、内覧に来たからといって必ず購入するというわけではありません。
そのため、売却成立の可能性を高めるために内覧数を増やす必要があります。
内覧数を増やすためには、不動産会社と相談し広告の工夫をしてもらうことが大切です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産を売却するメリットと注意点

メリット

費用がかからないこと
空き家にしてから売却するためには、仮住まい先の費用がかかります。
しかし、住みながら売却する場合は、売却してから新居へ引っ越しするので無駄な費用を捻出する必要がありません。
売却金を住み替え費用に使うことができる
手元に多くの自己資金がなくても、売却金を使って新居を購入することができます。
購入検討者へ物件の魅力を直接伝えることができる
住みながら売却をしていると、購入検討者と直接話す機会があるため、周辺環境や商業施設などの情報を伝えることができます。
また、室内に家具を設置しているので、生活のイメージがわきやすいのもメリットといえるでしょう。

注意点

いつでも内覧できるようにしておく必要がある
内覧希望者がいつ現れるか分からないため、週末などはいつでも対応できるように準備しておかなければなりません。
並行して新居探しをする必要がある
売却が決まれば引き渡しまでに、新居へ引っ越さなければなりません。
売却が決まってから新居探しを始めると、引っ越し先が決まらない可能性があるので注意が必要です。
売却活動とともに新居購入の準備をすすめておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

住みながら不動産を売却するには内覧を成功させることがポイントとなります。
そのためには事前準備をおこない、メリットを活かして売却活動をすすめていくと良いでしょう。
群馬県藤岡市中心に周辺エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「ベストハウス」にお任せください。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
午前9:30~午後19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ