不動産売却時にかかる税金の種類とは?計算方法と節税対策も解説

2022-02-08

不動産売却時にかかる税金の種類とは?計算方法と節税対策も解説

不動産売却は税金が必ずかかるものです。
しかし、税金というものは難しく、なかなか自分では計算や対策が難しいですよね。
本記事では不動産売却時にかかる税金の種類、計算方法、節税方法について解説します。
不動産売却を考えている方はぜひ最後までご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時にかかる税金対策~種類について~

不動産売却時にかかる税金は6種類あります。
以下に税の名称と何にかかる税金なのかを記載していますので、ぜひご確認ください。

  • 所得税(売却益にかかる)
  • 住民税(売却益にかかる)
  • 復興特別所得税(売却益にかかる)
  • 印紙税(契約書の収入印紙にかかる)
  • 登録免許税(名義変更にかかる)
  • 消費税(仲介手数料にかかる)

所得税、住民税、復興特別所得税の3つは売却益にかかる税金であるため譲渡所得税と呼ばれています。
譲渡所得税はあくまでも売却益にかかるため、もし利益が生じなかった場合は課税されないことに注意しておきましょう。
また、復興特別所得税は2037年までと定められています。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却にかかる税金対策~計算方法について~

税金の計算方法は主に自分で計算する方法とシミュレーションから求める2つの方法があります。
まず、自分で計算する方法は以下の計算式で算出することが可能です。
譲渡所得税=売却益×(所得税率+住民税率)
また、売却益は以下のように計算されます。
売却益=譲渡価格-取得費-譲渡費用-特別控除
自分での計算は売却する不動産についていろいろと調べる必要があり、計算ミスも起こってしまうかもしれません。
現在ではインターネットで不動産売却にかかる税金をシミュレーションできますので、そちらで算出することをおすすめいたします。
この両方でも分からない、もしくは不安感が残ってしまうという方は不動産会社などへ気楽に相談してください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却にかかる税金対策~節税方法について~

節税方法は多くのものがありますが、本記事では比較的簡単におこなえ、多くの方が用いることができる特別控除について解説します。
上記で述べた式からもわかるとおり、特別控除を利用すると売却益が下がり、譲渡所得税が下がりますよね。
実はマイホームを売却する際は、この特別控除が3,000万円まで適用されるのです。
マンションなどは特別控除の適応外となりますが、マイホームの売却を考えている方は特別控除を用いていきましょう。
もし、マイホームの売却でないならば、計算式から取得費、譲渡費用に適応できる事柄をすべて確実に適応させていくことで節税が可能です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

本記事では不動産売却時にかかる税金、計算方法、節税対策について解説しました。
不動産売却には税金が必ずついてくるものですが、対策をおこなうことで節税が可能なものです。
本記事で解説した計算方法と節税対策を再確認し、効果的な不動産売却をおこなっていきましょう。
群馬県藤岡市中心に周辺エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「ベストハウス」にお任せください。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
午前9:30~午後19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ