仲介手数料の相場はどれくらい?不動産売却で必要な仲介手数料をご紹介

2022-02-01

仲介手数料の相場はどれくらい?不動産売却で必要な仲介手数料をご紹介

不動産売却をご検討中の方、仲介手数料というものをご存じでしょうか。
不動産売却というと税金や登記費用にばかり目が行きがちですが、不動産売却に置いて仲介手数料は大きなウエイトを占めます。
そこで今回は不動産売却の仲介手数料とは一体何なのかをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の際の仲介手数料とは

不動産売却をする際にかかる仲介手数料とは、不動産売却契約を仲介した不動産会社に支払う費用のことをいいます。
一般的に不動産売買は不動産会社に仲介を依頼することが多いです。
売主が不動産会社と仲介契約を締結すると、不動産会社は不動産売却のために広告を出したり購入希望者に不動産を案内したり営業活動をおこないます。
その営業活動の対価として仲介手数料を支払います。
仲介手数料とは、言い換えると「成功報酬」なので一般的には不動産売却契約が締結した際に支払います。
不動産会社によっては仲介契約締結時に仲介手数料の半分を、不動産売却をして不動産の引き渡しの際にもう半分を支払うこともあります。
あらかじめ仲介手数料を支払うタイミングを確認することをおすすめします。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の仲介手数料の相場はいくら?

不動産売却の仲介手数料、実は相場というものは存在しません。
相場は不動産会社によって仲介手数料はまちまちです。
しかし、仲介手数料の上限額というものは定められており、それを相場として考えることでどれくらいの費用を用意しておくかという目安になります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の仲介手数料の計算方法とは

ここからは不動産売却の仲介手数料を具体的に計算できる計算方法をご紹介します。
ちなみに仲介手数料には消費税という税金が加算されます。
消費税は事業者が事業として取引する費用について課税されるため、不動産会社(事業者)が事業として仲介をおこないますので消費税の対象となります。
土地や不動産自体に消費税がかからない場合でも仲介手数料自体には消費税がかかるということを覚えておいてください。
仲介手数料の具体的な計算方法は、売買代金を200万円以下の部分、200万円~400万円の部分、400万円を超える部分の3つに分けて考える必要があります。

  • 不動産売却金額200万円以下:取引価格×5%+消費税
  • 200万円~400万円以下:取引価格×4%+消費税
  • 400万円超:取引価格×3%+消費税

たとえば不動産売却金額が1,000万円の場合、3つの計算式を全て用いる必要があります。
不動産売却の仲介手数料の計算方法は少し複雑なので、事前に計算の練習をしておいてくださいね。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

今回は不動産売却の仲介手数料についてご紹介しました。
群馬県藤岡市中心に周辺エリアで不動産売却をご検討中の方は、私たち「ベストハウス」にお任せください。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-900-346

営業時間
AM9:30~PM19:30
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ